2016年6月28日火曜日

MotoGP:完走(安定)重視か、優勝重視か


http://goo.gl/YPZJIs

優勝したミラーのインタビューによると
ロッシが転倒した後、
マルケスが意図的にスローダウンしたので抜いた

とか・・・・・

マルケスはマルケスで、ミラーに抜かれても
「頼むからさっさと先に行ってくれ」
と答えていた・・・というのが
ちょっとばかり話題になっています。

レーサーは優勝するためにレースを走る!
2位狙いなんてつまらない!!

・・・という意見はごもっとも。


でも責めるならマルケスではなく
現在のポイント制度の方でしょうね。

GPの点数システムは
1位25点、2位でも20点。

優勝回数では
ロレンソ、ロッシ、マルケスは
ほぼ横一線ですが、
ポイントでは大差がついています。

現在のポイント制度は
何回優勝したか、よりも
どれだけリタイヤしなかったか
で決まる傾向があまりに強い。

昔からレースを見ていた人は
「優勝無きチャンピオン」
アルサモーラのことを
覚えているかもしれません。

他には優勝か転倒かのシュワンツ
なんて人もいましたね。

まあ、もちろん、アルサモーラは
最初から2位狙いをしていたのではなく
毎戦、優勝するために必死に走っていたので
ここでこんなことを言うのは
フェアではないでしょうが。

これを避けるためには
・有効ポイント制
・1位と2位のポイント差を大きくする
などが考えられ、四輪のF1では
採用されていたこともあります。

しかし有効ポイント制は
計算が複雑になることや
何回かリタイヤしてもOKっていうならと、
無茶な走り方をする馬鹿者が出てきた場合
問題が大きく危険だ、ということで
結局、採用されなくなりました。

また1位と2位のポイント差を広げる
というのも、結局馬鹿者への対処という点で
問題が大きいと思われたのか、
F1でもかつてより2位のポイントを増やす
という対応が取られたはずです。

四輪より危険度が高い二輪レースの場合
「完走重視に偏りすぎている」と言われようと
現在のポイント制度の方が良いのでしょう。

2 件のコメント:

嶽石日出夫 さんのコメント...

初めまして。 四角い顔の人ですね 彼のバイクは遅かった 体格もあるのでしょうが。

シリーズ戦なのだから例え優勝なくても恥ずかしい事はないかと それに80ccのラストチャンプのマヌエル ヘレロスも優勝してないけどチャンプだし。

mos さんのコメント...

嶽石日出夫様
はい、私も恥ずかしいとは言ってないし思っておりません。
彼があのバイクで必死に走っていたのを
この目で見ていますので。