2017年6月28日水曜日

ドゥカティの売価15億ユーロは適正か、現在価値法で考えてみた・1


https://goo.gl/8td1M6

ディーゼルエンジンの排ガス不正で
窮地に立たされているVWグループが
ドゥカティを売りたがっているというのは、
少しばかり前から囁かれている話ですが、
その売価15億ユーロというのが
法外だとか法外でないとか
メディアではいろいろ騒がれています。

この15億ユーロが法外だとして
インドメーカーがドゥカティ買収から
手を引くことにしたとかなんとか・・・

そこで、この15億ユーロって
どうなんだろう?
というのを現在価値法を使って
考えてみました。

といっても、現在価値法のイロハから
しゃべるわけにはいかないので
途中の理屈はすっとばし
さらにいろいろ簡略化して
下の式だけで話をします。

現在価値=その会社の利益/利率

利率というのは、銀行からの借入金利
もしくは、手元資金がある会社にとっては
ドゥカティを買わずに、その金を設備投資に回した時に
見込める利益の増大割合です。

この現在価値と売価を比べて
・現在価値の方が大きければ買い
・現在価値の方が小さければ買わない
ということになります。

日本では、一般に利率=4%とする事が多いので
2016年のドゥカティの利益5100万ユーロを使って

現在価値=5100万ユーロ/0.04=12.7億ユーロ

つまり日本の感覚でドゥカティの現在価値は
15億ユーロに届きません。

インドのメーカーが、ドゥカティの買収から
手を引いたというのも、これから説明できます。

インドは成長市場なので、インドメーカーは
どこも設備投資を目いっぱいしています。

そして、その設備投資により
毎年、成長する市場に対応しています。

インドの二輪市場は年により違いますが、
今でも8%ぐらいは成長してるので
インドメーカーにとっては

現在価値=5100万ユーロ/0.08=6.4億ユーロ

彼らにとってドゥカティの価値は
わずか6.4億ユーロです。

もし、売価が8億とか9億ユーロなら
6.4億との差額分は「ドゥカティを持ってる!」
というブランド価値と考えることもできますが
15億ユーロっていうのでは、さすがに
「アホかっ!」ですよね。

インドメーカーはドゥカティ買う金があるなら
設備投資に回した方がずっとよい! です。

ではハーレーは?

という話は長くなったので、
後半のその2で・・・

2017年6月27日火曜日

CBR150Rのパーツの問題



CBR150Rのブレーキパッドです。
1月に注文したのですが、
いろいろあって、今頃届きました。

まあ、10年前の並行輸入車のパーツが
今でも買えるんですから、
多少のことは大目に見ないと、です。

タイホンダCBR150Rは
嫁用に買ったものですが、
当時は、こんなに長いこと持っている
とは思っていませんでした。

今は250ccクラスが充実してますから、
CBR150Rを積極的に買う理由は
価格以外には、かなり減じています。

初心者レースに使われていたことからも
分かる通り、ポテンシャルは高いし、
コストダウンの嵐に襲われる前の
ホンダ品質ですから、
信頼性はピカイチですけどね。

こいつの問題は、
パーツ供給への心配の他に
サイズが合うタイヤが極端に少ない
というのもあります。

レースに使われていたおかげで
ハイグリップタイヤはありますから、
今のオイラの用途なら問題ないですが、
街乗りユーザーには頭痛の種でしょう。

とはいえ、最近はほとんど
公道では見ませんけれど・・・^^;;

2017年6月26日月曜日

サーキットのリハビリ



Moto3の話題で書きそこねましたが、
事故後の最初のサーキット走行に
袖ヶ浦まで行ってました。

ま、事故後の最初だし、
天気が不安定なので
ドカSSではなく、CBR150Rです。

(写真は撮り忘れたので
 以前のCBR150Rの写真です。)

走り始めて気がついたのが
たしかCBR150Rって、
9000rpm以上でないと使い物にならず、
8000rpmまで落ちてしまうと
「おっそぉ~~~!」
と叫ぶほどだったのですが、
今日は7000rpmからの加速を
全然遅いと感じない。 ( ̄□ ̄;)!!

速度感覚が全く戻ってません。

そこで1枠目は、他のことは諦めて
感覚を戻すのだけを課題にしました。

しばらく走っているうちに
だんだん、慣れてきて
9000rpm以上をキープして走るように
・・というあたりで終了。

タイムは・・・・・
ようやっと1分40秒を切った程度。

2枠目は、赤旗が2回も出るような
荒れた展開だったので、
タイムアップなんてことは考えず
慣れることをテーマに走りました。

ということで、
今回はリハビリだけ
ということで。  f^^;)

次はドカSSで走ってみるつもりですが
少しは今日の成果が出て
速度感覚が元に戻ってるかしらん?

2017年6月25日日曜日

MotoGPオランダ:今回のMVPはラミレスに!


https://goo.gl/BN9CZK

前にも書きましたが、最近ミシュランのせいで
MotoGPが全く面白くないです。

しかも、下位クラスのMoto3では
白いKTMのコンビが
レースを無茶苦茶にかき回し
レースではなく、格闘技か何かに
なってしまっていました。

この二人は、前に出るためなら手段を選ばず、
それこそぶつけたり、押し出そうとしたり、
やることが滅茶苦茶。

そのおかげで、どれだけの良いレースが
凡レースに堕してしまったことか。

その白いKTMの片割れ、ラミレスが、
今日のレースでもトップグループに追いつき
せっかく面白いレースを、またもや・・・

・・・と、思いかけましたが
今日のラミレスは、
以前の乱暴者ではありませんでした。

乱暴者だったラミレスは、
ここ数戦で成長してきたようです。

乗り方も非常に丁寧になり、
誰かの後ろにつかなくても
単独でもタイムを出せるようになりました。

今回のMoto3が面白かったMVPは
間違いなく成長したラミレスです。

で・・・・オイラが言いたいのは
このニイチャン

https://www.as-web.jp/bike/117779

言わずと知れた、ジャックミラーです。
このニイチャンは、未だに乱暴者のレッテルを
貼られたままですねぇ。

ホンダの堪忍袋も、そろそろ・・・
という噂もあるし、
ラミレスのように成長してみないか?

2017年6月24日土曜日

たかが1千万円・・(オタクのみんなの「お布施額」がやっぱり凄い)


オタクのみんなの「お布施額」がやっぱり凄い 「遠征代含めると1000万は軽く超える」というジャニヲタも

たかが1000万円程度・・・

オイラなんてバイクだけで
車両購入代金、ガソリン代、メンテ代、高速代・・・
などなどで、1000万円なんか
メじゃないほど楽勝で超えてる。

オタクさんたちの場合は、
個々の金額は少ないだろうから
延々と出費していても
そんなに大した事にはなってないはず。

しかもオイラの場合、
レーシングカートと四輪でも
同じくらい、いやそれ以上出費してるので
(四輪趣味はマジで金がかかる・・・)
そういう意味じゃ、
もはやいくらか分からん(-_-;)

てぇことで、オタクさんたちの金額なんて
かわいいもんだ・・・(自虐)

2017年6月23日金曜日

ドゥカティのV4・SBKリーク映像



https://goo.gl/A8K5kZ

遅かれ早かれ、リーク映像が出るとは
思ってましたが、意外に早かったですね。

ドカの新型V4スーパーバイク
らしいです。

すぐに気がつくのは、後ろバンクが
大きく後方に傾斜している点です。

従来のドゥカティは
L型と言われるように、
後方気筒は直立に近い形でした。

しかし、新型SBKは
あまりに後方バンクが後傾しており
L型四気筒ではなく、普通のV4。

もちろん、こっちの方が
性能的には優れている
という認識でしょう。

でも、うがった見方をすると、
伝統の二気筒を捨てるんだから
「L型」もついでに捨てちゃえ!
というところでしょうかね。

現在のドゥカティの売り上げは
好調らしいので、
オイラのような古い人間は
もう相手にしなくてもOK
・・・・なんだろうな。

2017年6月22日木曜日

足出し走法ってやった人います?


https://goo.gl/G9kR7n

写真は、A&Rのもので、
クラッチローがHRCと2年間の契約について
サインした、というニュースの写真だけど
今回の話題はクラッチローではありません。

ロッシが始めて、今やGPライダーの間では
ごく普通のテクニックになった
ブレーキング時の足出し走法。

JSB1000ライダーを始め、
いろんな人が、
「こういう理由ではないか?」
と推測して書いていますが、
イマイチよく分かりません。

よく分からないものは
自分でやってみればよい!

・・・と、やった人います?(^^;;)

え~と、シュワンツが
「やってみたけどさ、GPライダー以外は
 やらない方が良いよ。」
と言ってましたが、その通りです!

オイラの場合、どうだったかというと
そのまま砂場遊び一直線・・・・

・・・の寸前で回避できました。(大汗)

ネットで見ると、他にもいるようですね。
オイラみたいに砂場に突入しかけた人が。(大笑)

ということで、一つだけわかったことは
やっぱりシュワンツは正しかった。 ( ̄ー ̄;A