2017年10月22日日曜日

バイクが出てくるアニメ・その2

風速25メートルの暴風域=時速90キロ時の風速。
こう考えてしまうと、バイク乗りとしては
「大したことないじゃん(笑)」
と、つい思ってしまうのですが・・・

・・・・え?そんなのオイラだけ?(笑)

何にしても、雨が続いて、
我が家のドカSSとCBR150Rは
タイヤ交換してから
まともに走ってません!

通勤でバイク乗ってないので、
こういうときは、
ホントに欲求不満になりますね。(ToT;)

MotoGPフィリップアイランドでは
もてぎに続いてスズキが頑張ったのと
やはりヴィニャーレスはマルケスの敵ではない
というのが印象です・・・

ところで、今日の話題ですが、
オイラも最近知りましたが、
今季は、「つうかあ」の他にも
バイクが出てくるアニメがあります。

キノの旅というアニメがそれです。

主人公のキノがバイクに乗って
旅をするという話ですが、
そのバイクが意思を持っていて
人間と話すことができます。

最初、話すことができるバイク
という設定がわかるまで、
少し戸惑いましたが、
話せるバイクという事から
サブ主人公的な位置づけに
なっているようです。


http://www.kinonotabi-anime.com/character/hermes/
その話すことのできるバイクのモデルが
ブラフ・シューペリア SS100。
エルメスという名前がついています。

エルメスという名前から
二輪のロールスロイスを自称した
SS100をもってきたんでしょうが、
日本人としてはCB750やZ1でも・・・

ま、まあ確かにエルメスって名前には
合わないってのは認めますが、、


http://www.kinonotabi-anime.com/character/sou/
また、そのうち出てくるはずなのが
ソウという名前がついてるモトコンポ。

モトコンポはメディア露出度高いですね。

ポジションとしてはセカンドバイク
ということになるでしょうから
あの時代では登場が早すぎ、
販売的には成功しませんでしたけど。

バイクアニメというよりは
フィクション世界の旅アニメなので
あくまでバイクが出てくるアニメ・・です。

ご興味があれば・・・

台風21号は20年ぶりの超大型台風


https://weathernews.jp/s/topics/201710/220015/

台風21号は強風域が2050kmに達する
20年ぶりの超大型台風に成長したそうです。

今夜にも本州上陸の見通しです。
バイクの台風対策もお忘れなく。

2017年10月21日土曜日

速度に応じて高さが変わるシート開発


https://newswitch.jp/p/10716

今日は雨ですよねぇ・・・

四輪通勤してる上に、
週末が雨だと、ネタが無いです。

ということで、今日の話題ですが、
バイクの速度を感知して、
停止状態では30mmほどシート高を下げ、
走り出すと、シートにエアーを送り込んで
走行に適したシート形状にする
というシートをテイエステックが開発した
ということだそうです。


https://newswitch.jp/p/10716

東京モーターショーで展示されるとのこと。

なるほど、これは盲点でしたね。
バイクメーカーへの採用は進むでしょうか?

2017年10月20日金曜日

新型カブが展示されているそうです


http://www.honda.co.jp/welcome-plaza/contents/event/2017/20171019/

昨日からホンダウェルカムプラザで
新型カブが展示されているようです。

カブが1億台達成とのニュースが
一般のニュースで流れていたので
嫁がカブに少し興味を持ったようです。

が、まずは新型の信頼性がどうか?
ですよねぇ~

2017年10月19日木曜日

スーパーカブは帰ってくるけれど


http://www.autoby.jp/_ct/17126172

え~と、今日は飲み会で遅くなりました。
今週は飲み会が多いです。
体重計るとてきめんです・・・

増えるのは一瞬だけど
減らすのは、、、

ま、それはともかく今日の話題です。

ずっと前から噂されていましたが
スーパーカブがモデルチェンジと共に
国内生産に戻されることが
正式に発表になりました。

これを「カブが帰ってくる!」
と喜んでよいかどうかは
まだ分かりません。

昨今では、アジアの人件費が上昇し
一方で日本人の人件費はむしろ低下。

ホンダがカブを国内に戻すのは
単なる経済合理性ゆえ。

カブが「バイク界のカラシニコフ」から
壊れてばかりのただのバイクになったのは
中国生産になったからというより
それに合わせて合理化と言う名の
コストダウンに走ったからです。

したがって新型カブの出来は
熊本生産かどうかではなく
どんな設計がなされているか・・・です。

そういう意味では、新型カブの評価は
もう少し待った方が良いでしょう。

2017年10月18日水曜日

スズキがようやくSBKにワイルドカード参戦


イタたわGP:スズキSBK復活、ヘレス次戦ワイルドカード

芳賀選手が少し前に語っていましたが
最近、WSBKではホンダ、ヤマハだけでなく
アプリリアやBMWも
マシンは参戦しているものの
優勝争いにはほど遠く、
半分、放置状態です。

リーマンショック以降
スポーツバイクの販売が
欧州においても低迷してますし、
またドゥカティ・パニガーレが
SBKで大不振の間も
販売は好調だったことから
SBKで活躍=販売促進
の方程式に疑問符が生じた
というのが理由と思われます。

例外は、MotoGPを撤退し
SBKに焦点を当てているカワサキと
巨大VWグループがバックにいるドゥカティ。

それを考えると、レース部門の規模が
ホンダやヤマハより小さいスズキが
どこまでSBKに力を注げるか
といえば、あまり無理は言えません。

とはいえ、せっかくモデルチェンジした
GSX-R1000R。AMAではエリアスが暴れてますし
SBKにも出てきてほしいものです。

今回、GSXがヘレスに出てきますが
まずは、完走してデータを集めるところから。

本格参戦はゆっくり待ちましょう。

2017年10月16日月曜日

神奈川県交通警察は厳戒態勢


http://blog.goo.ne.jp/otk2200/e/88e3a9ea232d0eb4bd41a7aa3e35c87f

※記事の内容と写真は
 直接の関係はありません。

昨日、浅間ミーティングからの帰りです。
神奈川県内に入るや否や、
白黒ツートンの車両がわんさか!

オイラは、金曜の「ありがた~いお経の話」で
予想がついていたので、
神奈川県内の通行距離が最短になるよう、
圏央道は使わず、首都高速経由で
帰ってきましたが、
首都高速神奈川の短い距離を走っただけで
例のツートン車両があちこちに・・・

数は数えてませんが、
5、6台は見たと思います。

首都高を降りても、
物陰にツートン車両が待機。

完全に厳戒態勢ですね。(汗)

どういうことかというと、
2017年の交通事故統計によると
全国的に交通事故の発生件数、死者・負傷者は
いずれも減少傾向にあるのに
神奈川県では逆に増加中です。

この数字と、この状況を見れば、
警察庁から神奈川県警に
なにか一言あったな
と思うのが自然です。

ということからして、
しばらく神奈川県は
厳戒態勢が続くと予想されます。

みなさま、ご注意を。

2017年10月15日日曜日

帰宅しました



こんな感じの天気でした。
さきほど、無事帰宅しました。

まずは、録画しておいたMotoGPを
予選から見ます。

(でないと、うっかりネットも見られないので・・)

浅間についてはのちほど・・