2017年5月22日月曜日

携帯用ユニコーン・カークリーム



この週末、こんなモノを持ち歩いてみました。

隣のペンと比べることで
大きさが分かってもらえると思います。

このサイズの小瓶にユニコーン・カークリームを詰め
ちょっと止まった時などに、ちょこちょこと掃除。

あくまでちょこちょこなので
ちゃんとした掃除にはなりませんが
それでも、帰ってからの負担が減ります。

しばらく、継続してみようと思ってます。

2017年5月21日日曜日

ST250Eで大井松田



押し歩きの時ならともかく
バイクに乗ってしまえば
あとは同じ・・・・
かと思いきや、ST250Eの方が
左足への負担は少ないです。

なんででしょうねぇ。
やはり無意識に使ってるのか?

それとも、たった1日ながら
膝が回復しているのか。

今日は、大井松田の山の中を
分け入って走っていたので
タヌキとニアミスしました。

1匹目は、のそのそ道路に出てくるので
目の前をかすめる形に・・・・

のほほんと歩いていたタヌ公は、
目の前をバイクが
ビュンと走り抜けて
腰が抜けたみたいにヘナヘナ(笑)

ミラーで見てると、しばらくしてから
ようやく歩き出すのが見えました。^^;

もう1匹目は、斜面を下りてきたら
バイクのエンジン音が聞こえてきて
焦ってUターンして
斜面を必死に駆け上る!^^;;;

いや・・タヌキ汁になんかしないけどね(笑)



ところで、ヘイデンが旅立った
という第一報を見ました。
  ↓   ↓
http://reports-tv.com/ex-motogp-champion-nicky-hayden-is-dead-breaking-news/

これより前の類似の報道は
いったん、誤報だった、と、いうことになりましたが
これは、まだ誤報ともなんとも言われてません。

ただし、上のサイト以外で
ヘイデンについての
新しい状況を知らせるところはありません。

ヘイデンはまだ頑張っているのか
それとも・・・・

2017年5月20日土曜日

ダエグで千葉へ



先週に続いて、ダエグに乗りました。

1週間たって、左足の筋力が
ほとんど別物と言えるくらい
復活してきたおかげで、
先週より取り扱いが楽です。

とはいえ、まだ長距離ツーリング
たとえば鈴鹿やSUGOあたりまで
ビューンと走っていくのに
左足が耐えられるかどうかは
ちょっとまだ分かりません。

そこで近場の千葉まで。

ワインディング含め
いろいろな道を走って帰ってくると
やはり、少し左足がしんどいです。

でも、これも、来週くらいには
もう少しマシになってくれるでしょう。

2017年5月19日金曜日

リハビリすると、汗だくに、、



http://buzz-plus.com/article/2015/08/18/asekaki/

最近、気温が上がってるせいもあるのでしょうが
通院リハビリが終わる頃には、汗だくになってます。

大したことやってないはず、
というか、右足なら楽ちんなはず
・・・・が、左足だとそうはいかない!

まだまだ精進、、、

2017年5月18日木曜日

ニッキー・ヘイデンが交通事故で重体

https://goo.gl/AUEL9f

昨夜からこのニュースが
世界中を駆け巡っていますが、
ニッキー・ヘイデンが
交通事故のため重体とのことです。

他の案件のことがあり、
ホアン・ラスコルツの事を
調べていたところだったので、
「サーキットでの事故か?」
と思いかけましたが、そうではなく
一般公道での事故です。

事故の状況ですが、
現地時間の17日14時過ぎ、
イタリア・リミニにて
自転車でのトレーニング中に
四輪と衝突し、フロントガラスに
かなりの衝撃でぶつかったとのことです。

この事故のために、自転車は真っ二つ
相手車両のフロントガラスは
粉々(上の写真)だということで、
いかに凄まじい衝撃だったか
分かるというものです。

怪我の状況はかなり酷く、
足や背中の骨折など、
全身を負傷していますが、
特に頭部と胸部のダメージが深刻で、
現在は手術すらできない状態とのこと。

これがバイクであれば、
ヘルメットやプロテクターなど
体を守る装備があり、
重体にまで至ることはなかったでしょうが
自転車の場合、ほとんど裸同然。

オイラが自転車に怖くて乗れなくなったのも
バイクとのあまりの落差のためです。

実際、オイラの事故も
自転車に乗っている時だったとしたら
今頃、オイラは死んでます。

ともあれ、今は何を言っても仕方がないので
続報を待つことにして、
オイラはオイラで、リハビリを頑張ります。

2017年5月17日水曜日

免許なんて単なる通過点なんだが・・・



https://response.jp/article/2017/05/17/294826.html

自工会が長いこと求めていた小型二輪免許の簡素化ですが、
短時間取得に役立つように
次世代ライディングシミュレーターを導入する
ということで、警察が動きだしたようです。

これは、実技が終了しても
シミュレーターの空きがないため、
予約待ちになってしまうのを防ぐのが目的で
「次世代」といいますが、
ただの簡素化シミュレーターだそうです。

あの警察がねぇ・・・・とも思えますが
三無い運動も見直しが進むなど
時代も変わりつつありますし
自工会の発言力もそれなりにありますので
いつまでも無視はできないのでしょう。

ところで、こういう話になると
なぜかしゃしゃり出てくるのが
反対論をがなり立てる一部のライダー。

なんでも、免許を簡素化することで
下手くそが増えて、事故が増えてしまう
・・・んだそうです。

 ア ホ か !

今のオイラの実力を100として
免許を取った直後のオイラの実力って
せいぜい1か2です。

警察で取るにしろ、教習所で取るにしろ
求められる能力は猛烈に低い。

テストされる項目の70%以上は
交通法規を守ってるかどうかで
しかも、その中には
「キープレフト」とかいう
アホな項目も含まれています。

はっきり言って
免許なんて何でもいいからさっさと取って、
その後に、危険予知、運転テクニック共に
自分でスキルアップするのが正解です。

たぶん、こういう人たちは
免許を取るのに
猛烈に苦労した人なのでしょう。

なので、後から来る人が
簡単に免許を取れるようになって
ものすごく悔しい! ってことしか
オイラには理由が思いつきません。

何にしても、原付二種に乗って
それがきっかけでバイクに目覚めてくれる人が
・・・・まあ1000人に1人いれば
    御の字なんでしょうけどねぇ(^^;)

2017年5月16日火曜日

残り、指三本分


https://goo.gl/8Zw0xG

今日の通院リハビリで、
リハビリ師さんから言われたのが
これです。

膝の曲り、全屈まであと指三本分、
ということです。

ここまで曲がるようになれば、
正座以外の日常生活、およびバイクで
困ることはありませんが、
せっかくなので全屈を目指して
もうひと頑張り!

ここまでくると、1度2度が、
かなりしんどいんですけどねぇ(汗)